「 洪自誠 」一覧

菜根譚に学ぶ「自然に身をゆだねる」

菜根譚に学ぶ「自然に身をゆだねる」

雪夜の月天に当たれば、心境はすなわち澄徹す。 春風の和気に遇えば、意界もまたおのずから沖融す。 造化人心は、混合して間(へだて)なし。 ...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「平凡・平易の中にこそ」

菜根譚に学ぶ「平凡・平易の中にこそ」

禅宗に曰く、「饑え来たりて飯を喫し、倦み来たれば眠る」。詩旨に曰く、「眼前の景致、口頭の語」。けだし極高は極平に寓し、至難は至易に出で、有意...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「意識に捉われない生き方」

菜根譚に学ぶ「意識に捉われない生き方」

山林の楽しみを談(かた)る者は、いまだ必ずしも真に山林の趣を得ず。 名利の談を厭う者は、いまだ必ずしも尽(ことごと)く名利の情を忘れず。 ...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「達人の楽しみ」

菜根譚に学ぶ「達人の楽しみ」

世人は心の肯(うけが)うところをもって楽しみとなし、かえって楽心に引かれて苦処にあり。 達士は心の払(もと)るところをもって楽しみとなし...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「外見に捉われるな」

菜根譚に学ぶ「外見に捉われるな」

功業に誇逞(こてい)し、文章を炫燿(げんよう)するは、皆これ外物によりて人となるなり。知らず、心体は螢然(えいぜん)として、本来失わざれば、...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「足すより引けば幸せになれる?」

菜根譚に学ぶ「足すより引けば幸せになれる?」

水は波だたざれば則ち自ら定まり、鑑(かがみ)は翳(くも)らざれば則ち明らかなり。 故に心は清くすべきことなし。 そのこれを混(にご)らす...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「特別を求めるよりは」

菜根譚に学ぶ「特別を求めるよりは」

私恩を市るは、公議を扶くるに如かず。 新知を結ぶは、旧交好を敦くするに如かず。 栄名を立つるは、隠徳を種うるに如かず。 奇節を尚ぶは、...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「生き方はしっかりと定まっているか」

菜根譚に学ぶ「生き方はしっかりと定まっているか」

意を曲げて人をして喜ばしむるは、躬(み)を直くして人をして忌ましむるにしかず。 善なくして人の誉れを致(まね)くは、悪なくして人の毀(そし...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「気品はどこから育まれるか」

菜根譚に学ぶ「気品はどこから育まれるか」

貧家も浄(きよ)く地を払い、貧女も浄く頭を梳(くしけず)れば、景色は艶麗ならずと雖も、気度は自からこれ風雅なり。士君子、一たび窮愁寥落に当る...

記事を読む

菜根譚に学ぶ「潔癖の信条には人が寄りつかない?」

菜根譚に学ぶ「潔癖の信条には人が寄りつかない?」

地の穢れたるものは多く物を生じ、水の清めるものは常に魚なし。 故に君子は、当に垢を含み汚を納(い)るるの量を存すべく、潔を好み独り行なうの...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)