「 月刊致知 」一覧

時代の転換期―新しい価値観を見出す

時代の転換期―新しい価値観を見出す

致知11月号「時代を切り開いた男たち」童門冬二さんと松平定知さんの対談を読んで。 時代が大きく変わるとき、そこには必ず新しい価値観があ...

記事を読む

NO IMAGE

情熱と人の質が会社を大きく育てる

日本電産元取締役、人事アドバイザーの野村氏は、大きく育つ会社には条件が二つあると言います。 一つは、情熱。 一つは、人の質。 ...

記事を読む

毎日の当たり前に意識を―森信三先生に学ぶ

毎日の当たり前に意識を―森信三先生に学ぶ

明治から平成にかけて活躍した、森信三先生という偉大な教育者がいます。 雑誌(致知9月号)の中で紹介されていた先生の言葉があります。 ...

記事を読む

売れるものがないときは―経営理念を売れるか

売れるものがないときは―経営理念を売れるか

「松下の経営理念を売ってくれ」 昭和44年、松下(現:パナソニック)が海外のフィリップスと合同で乾電池の工場を作り、 お互いのブラン...

記事を読む

八海山の酒造りの姿勢に学ぶ経営思想

八海山の酒造りの姿勢に学ぶ経営思想

八海山というと、一時期ブームになった日本酒ですが、どんな姿勢でお酒造りをしているのか、南雲社長のインタビューを月刊致知(10月号)で読みまし...

記事を読む

人を植える道

人を植える道

中国古典「管子」に以下のような一節があります。 一年の計は穀を樹(う)うるに如(し)くは莫(な)し。 十年の計は木を樹うるに如くは莫...

記事を読む

一書の恩徳、萬玉に勝る-越智直正氏「男児志を立つ」

一書の恩徳、萬玉に勝る-越智直正氏「男児志を立つ」

一日の学問 千載の宝 百年の富貴 一朝の塵 一書の恩徳 萬玉に勝る 一言の教訓 重きこと千金 僅か一日の浅い学問であっても、自分...

記事を読む

300年続く老舗の教え「質素倹約を旨とし、決して驕るな」

300年続く老舗の教え「質素倹約を旨とし、決して驕るな」

滋賀県近江八幡市に1720年創業の扇四呉服店という呉服店があります。 この呉服店には、代々大切に守られてきた家訓が掲げられていると、九...

記事を読む

インドに仏教を広める日本人・佐々井秀嶺上人

インドに仏教を広める日本人・佐々井秀嶺上人

ここ数日の間に2度ほど目、耳にした人物がいましたのでご紹介いたします。 初めてその人物を知ったのが、致知という雑誌での今月号の特集記事...

記事を読む

「世界の王」はこうしてつくられた

「世界の王」はこうしてつくられた

致知8月号に王貞治さんと当時バッティングコーチを務めた荒川博さんの特集がありました。 王さんがいかにしてつくられていったか。 教える...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)