「 新渡戸稲造 」一覧

武士道の克己―心を安らかに保つために

武士道の克己―心を安らかに保つために

感情を顔に出すべからず 武士道においては不平不満を並べ立てない不屈の勇気を訓練することが行われていた。そして他方では、礼の教訓があった...

記事を読む

武士道の教育―品性を高めるために

武士道の教育―品性を高めるために

行動するサムライが追求した「品性」 武士の教育にあたって第一に必要とされたのは、その品性を高めることであった。そして、明らかにそれと分...

記事を読む

武士道の忠義―人は何のために死ねるか

武士道の忠義―人は何のために死ねるか

日本における孝と忠 菅原道真公に関わる物語である菅原伝授手習鑑。 父(白太夫)の主君(菅原道真)に不忠であることが許されなかった松王...

記事を読む

武士道の名誉―苦痛と試練に耐えるために

武士道の名誉―苦痛と試練に耐えるために

不名誉はその人を大きく育てる 「人を人たらしめている部分、そしてそれを差し引くと残るのは獣性しかない」という考えは当然のことと思われた...

記事を読む

武士道の誠―なぜ「武士に二言はない」のか

武士道の誠―なぜ「武士に二言はない」のか

孔子は「中庸」の中で誠をあがめ、超越的な力をそれに与えて、ほとんど神と同格であるとした。すなわち「誠なる者は物の終始なり。誠ならざれば物なし...

記事を読む

武士道の礼―人とともに喜び、人とともに泣けるか

武士道の礼―人とともに喜び、人とともに泣けるか

礼儀作法の誤解 品性のよさをそこないたくない、という心配をもとに礼が実践されるとすれば、それは貧弱な徳行である。礼は物事の道理を当然のこと...

記事を読む

武士道の仁―人の上に立つ条件とは何か

武士道の仁―人の上に立つ条件とは何か

民を治める者の必要条件は「仁」にあり 「仁」(じん)は人(じん)であり、「仁」という漢字は、人偏に漢数字の二と書きます。人が二人相親し...

記事を読む

武士道の義と勇

武士道の義と勇

義…信頼の徳 義とは、信頼の徳です。 人間関係を保つための信義の徳。 人間関係を保つための真っ直ぐな狭い道です。 孟子曰く「...

記事を読む

武士道とは何か・武士道の起源

武士道とは何か・武士道の起源

新渡戸稲造の「武士道」を読んで学んだことをまとめていきます。 武士道の基本概念(ルーツ) 仏教・・・死生観 仏教は武士道に、運...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)