「 佐藤一斎 」一覧

炎の陽明学~山田方谷伝~ を読んで1/3

炎の陽明学~山田方谷伝~ を読んで1/3

山田方谷は、幕末期の儒家・陽明学者です。 農商の子から備中松山藩の元締役(財務大臣)にまで上り詰め、最終的には藩主より全権を任せられ、苦境...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 失ってはならない拠り所

佐藤一斎に学ぶ 失ってはならない拠り所

119、己を恃(たの)むべし およそ、大丈夫たるものは、自分自身にある者をたのむべきで、 他人の智慧や財力、権力などをたのみにしては...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 欲を内に留めること

佐藤一斎に学ぶ 欲を内に留めること

112、欲を漏らすな 草木が生気があって、日に伸び茂るのは、草木の欲である。 草木の枝葉が伸びるにまかせれば、欲が漏れる。 だから...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 聖人は欲を善処に用う

佐藤一斎に学ぶ 聖人は欲を善処に用う

110、聖人は欲を善処に用う 人は欲がないわけにはいかない。 この欲が悪をする。天は既に人に善なる本性を与え、 その上にこれを乱す...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 人の善悪

佐藤一斎に学ぶ 人の善悪

107・108・109、本性と軀殻(くかく) ここでは、人の本性は善であることを知ろうとするなら、 何故に人が悪をなすかを究める必要...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 花

佐藤一斎に学ぶ 花

92、花-已むを得ずして発するもの 已むを得ざるに薄(せま)りて、而(しか)る後に 諸(これ)を外に発する者は花なり。 準備万...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 後世の毀誉 (現世・一身 < 後世・子孫)

佐藤一斎に学ぶ 後世の毀誉 (現世・一身 < 後世・子孫)

89、後世の毀誉(きよ) 当今の毀誉は懼(おそ)るるに足らず。 後世の毀誉は懼(おそ)る可し。 一身の得喪は慮(おもんばか)るに足らず...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 楽と礼(外と内の調和)

佐藤一斎に学ぶ 楽と礼(外と内の調和)

72、楽と礼 人をして歓欣鼓舞して外に暢発せしむる者は楽なり。 人をして整粛収斂して内に固守せしむる者は礼なり。 人をして歓欣鼓舞の意...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 諫言二則(忠告するとき、されるときのあり方)

佐藤一斎に学ぶ 諫言二則(忠告するとき、されるときのあり方)

70、諫言二則 その一 凡そ人を諫めんと欲するには、唯だ一団の誠意、言に溢るる有るのみ。 苟くも一忿疾(ふんしつ)の心を挟まば、諫めは決...

記事を読む

佐藤一斎に学ぶ 実学二則(本を読むことだけが学びではない)

佐藤一斎に学ぶ 実学二則(本を読むことだけが学びではない)

58、実学二則 その二 山岳に登り、川海を渉り、数十百里を走り、時有ってか露宿して寝ねず、 時有ってか餓うれども食(くら)わず、寒けれど...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)