「 中庸 」一覧

天に任せる

天に任せる

君子はその位(くらい)に素して行い、この外を願わず。 富貴に素しては富貴に行ない、貧賤に素しては貧賤に行ない、夷狄(いてき)に素しては夷狄...

記事を読む

武士道の誠―なぜ「武士に二言はない」のか

武士道の誠―なぜ「武士に二言はない」のか

孔子は「中庸」の中で誠をあがめ、超越的な力をそれに与えて、ほとんど神と同格であるとした。すなわち「誠なる者は物の終始なり。誠ならざれば物なし...

記事を読む

二宮尊徳の教え 其の十三 忠孝における“中”

二宮尊徳の教え 其の十三 忠孝における“中”

親に対する孝行、主君に対する忠義における“中”というものは、どういうことか、説かれています。 聖人は“中”を尊ぶ。そしてその“中”とい...

記事を読む

本当に美しいもののあり方

本当に美しいもののあり方

詩経に「錦を衣て絅を尚う(にしきをきてけいをくわう)」とあります。 錦は薄ものをすかしてこそ美しいと錦の華やかさが外に出るのをきらったもの...

記事を読む

誠の働きは天地自然と一致する

誠の働きは天地自然と一致する

「天地と三つに並んで対等」に続きますが、誠の働きというのは奥が深いことを知りました。 完全な誠のはたらきは継続的で止るときがない。 ...

記事を読む

天地と三つに並んで対等

天地と三つに並んで対等

天の道としての誠が完全に身に備わっていて、そこから本当の善をはっきりと見抜いていくのを、それを本性そのままのことという。 反対に、本当の善...

記事を読む

正しい知行のプロセス・継続は力なり

正しい知行のプロセス・継続は力なり

何事でもひろく学んで知識をひろめ、詳しく綿密に質問し、慎重にわが身について考え、明確に分析して判断し、丁寧に行き届いた実行をする。 ま...

記事を読む

生きる上で押さえる5つの道と3つの徳

生きる上で押さえる5つの道と3つの徳

中庸の書では、五達道・三達徳という、世の中どこでも通用する5つの道と、世の中どこでも通用する3つの徳があると言います。 世界中いつでも...

記事を読む

当たり前のことを当たり前のように(庸徳・庸言)

当たり前のことを当たり前のように(庸徳・庸言)

中庸の書に、孔子が君子のふみ行うべき道は四つあり、私はいまだその一つもうまく行えていない。と語っている章があります。 第一には、自分の...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)