鍵山秀三郎氏の講演を聞いて

土曜、日本論語研究会が主催する勉強会に出席してきました。

今回のゲストスピーカーはイエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏でした。
日本を美しくする会」の活動でトイレ掃除が有名です。
(会津にもあったんですね!!→「会津掃除に学ぶ会」)

自分さえ良ければいいという人間が多くなった」というご指摘から講演が始まり、ご自身の苦労された体験を交えながら人が人であるために大切なことを色々お話されました。

お話の中で印象的だった点を列挙します。

人間の美徳(下村湖人「青年の思索のために」)

一、忍耐
一、謙譲
一、調和
一、勇氣

これらの土台は「」と「思いやり」です。
この土台がなくなってしまうと、それぞれ次のような悪徳に落ちてしまいます。

一、忍耐→怨恨
一、謙譲→卑屈
一、調和→妥協
一、勇氣→粗暴

孟子の四端

一、惻隠…思いやりの心
一、羞悪…不正や悪を憎む心
一、辞譲…譲って謙る心
一、是非…正しいこと、間違っていることを判断する心

この四つを備えた人を人というのであって、これらの心がなければそれは人と呼べないのではないか。

自らを律する

人は車と同じで、いくら能力が高くても制御できなければ凶器に過ぎない。

いちいち法律や規則、規約に照らし合わせれていたのではもうお終いなのであって、照らし合わせられる前にそれ以上厳しく自分を律して(制御して)いなければならない。

教育の三大原則

鍵山先生、森信三先生の書に習いて曰く、教育の原則は三点。
一、時を守る
一、場を清める
一、礼を正す

人はどうしたら救われるか

人というものは、自分のことしか考えていないと不安が大きくなる。
人のことを考えて行動が出来ると不安は小さくなる。

辛い状況に置かれたとき、助かる道は二つ。
一つ、さらに辛い思いをしている人、困っている人を救っていくこと。
一つ、楽しみを先に延ばすこと。(楽しみが先にあると心にゆとりが出来るとのこと)

講演を終えて

とても優しく穏やかな語り口はまるで生き仏のようでした。聞いているだけで心が洗われていきます。が、聞いただけではやはりダメですね…。これらの鍵山先生の言葉を心に刻み、日々の生活に落とし込んでいければと思います。

鍵山先生大推薦。
PHPに直接依頼し、絶版になっていたものが先々月出版されました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です