フリースタイルスキー世界選手権 お手伝い4日目

FISフリースタイルスキー世界選手権20094日目の今日はハーフパイプ決勝。

4時半に起きて、現場の準備へ。

スキークロスの日もそうでしたが、決勝はお客さんや撮影クルーがかなり入るので、なかなか疲れます。

しかし、あるスタッフの方が、「スイスの選手が『日本って私達をプリンセスのように扱ってくれて嬉しい。』と言っていた」と喜んでいるのを聞いて、何か嬉しくなりました。

そう言ってもらえると、手伝い甲斐があるし、改めて日本人の協調性や気配りというものは、誇りに思うべきことだなと思いました。

それにしても、生のハーフパイプは迫力ありますね。

こんなの見せつけられると自分も滑りたくてうずうずしてきます。

もう10年近くまともに滑っていませんが(笑

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です