動機善なりや、私心なかりしか

「自分が楽しもう」
「人を楽しませよう」

どちらの考えが最初にあるのかで、結果的に満足出来るか、出来ないか分かれます。

言わずもがなですが、「自分が楽しもう」と考えてはじめた場合、結果的に心から楽しめた気になりません。
その場は楽しんだかもしれませんが、後からもっとこうすれば良かった、ああすれば良かった。
と反省することが多々あります。

また、逆に「人を楽しませよう」と考えてはじめた場合、存分に楽しませてあげられなかったとしても、じゃあ次はこうしてみよう、ああしてみよう。
と前向きに清々しい気持ちになります。

自分が楽しむのではなく、周りの人を楽しませる。

こういったことが心のベースになければならないのかなと最近ますます強く感じます。

遊びにしても、仕事にしても、基本はサービス。

相手を楽しませて、初めて自分に返ってくることを忘れてはいけないと思いました。

自分はゲストではなくホストである。

自利とは利他である。

稲盛和夫会長の言葉を借りれば「動機善なりや、私心なかりしか

行動の大原則としていつまでも自問したい言葉です。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です