立ち止まるということ

最近、自分の「ながら」の行動に不快感や違和感をより一層強く感じるようになりました。
メリハリの無さや。キレの悪さ。みたいなものが胸につかえます。

特に「挨拶」。

入りながら「失礼します。」や、足が出口に向かいながら「ありがとうございました。」など、、、

気付くと怠慢な姿勢になってしまっている自分がいます。

そういう姿勢を「良し」としない場と出会える機会が増えたことは非常に嬉しいことですが、今まで自分がいかに挨拶の姿勢を疎かにしていたかハッとさせられます。

挨拶をするときには、何かしながらではなく、それ以外の行動をピタッと止めて、一呼吸し、それから挨拶するのが気持ちよいなと思います。

普通に仕事のことばかり考えて生活していると、能力がないがゆえに、つい効率ばかりを優先して行動してしまう癖ができてしまいます。

少し余裕を持って生活をしなければなりません。

また、挨拶だけではなく、一つひとつメリハリのある姿勢というものが定着するよう日々意識しなければと。反省でした。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です