日本人におけるカミ – ノット神ノットGOD

天皇のことを勉強していると必ず出てくる問題として、カミという存在をどう捉えているか。という点。

覚書として日本、中国、西洋の神の考え方をメモ。

日本の神の考え方
八百万のカミ。何もかもカミである。
一神教で言うGOD(創造神、唯一神)ではない。

本居宣長曰く

凡(すべ)て迦微(かみ)とは、古の御典(みふみ)等にも見えたる天地のもろもろの神 たちを始めて、それを祀れる社に坐(ま)す御霊をも申し、又人はさらにも言はず、鳥獣 (とりけもの)木草のたぐひ海山など、そのほか何にまれ、尋常(よのつね)ならずすぐれたる徳(こと)のありて、可畏(かしこ)き物を迦微とは言なり。

日本は、カミというものを鳥や獣や草木や海山から始まり、すぐれたもの(善悪関係無し)は全てそうだという広く柔軟な捉え方をしています。
勿論、天皇もカミですし、我々人の中にも「経営の神様(松下幸之助)」
「漫画の神様(手塚治虫)」などカミがいます。

また、カミは尊いものを指すので、当時貴重だった紙はカミと呼ばれ、女房はカミさんと呼ばれ、上下で言う上をカミとも呼びました。

中国の神の考え方
中国で「神」という漢字は、これまたGODを意味しません。
神(しん)は「自然界の不思議な力を持つ物や心など」を表わす文字と定義されているようです。

中国にも中国神話というものがあり、多くの神が登場しますが、日本の古事記のように体系化されたものが存在しません。
よって、中国はカミより聖人を崇拝するというように人間至上主義で今日まで発展してきました。

西洋の神の考え方
西洋というより、キリスト、ユダヤ、イスラム、ヒンドゥーのような一神教圏の神(GOD)の考え方。
勿論、一神教というだけあって、神はそれぞれの宗派における創造主が神と呼ばれます。
この世の何から何までは創造主によって創られたという絶対的な存在です。

こういった、神に対する考え方は土地や文化や歴史や宗教によってまったく違います。
面白いものです。

日本だけでなく、様々な地域や国の歴史や文化、宗教も学ばなければと。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です