「 読書 」一覧

NO IMAGE

従業員の意識を変えた「一本の箒(ほうき)」

スーパー駅長たまで有名な和歌山電鉄貴志川線。 その鉄道の経営をしているのが和歌山電鐵であり、岡山県を代表する企業、両備グループです。 ...

記事を読む

素直な心―学んでも謙虚であれ

素直な心―学んでも謙虚であれ

自分自身は、傲慢な態度を取れるほど知識・見識もないわけですが、色々なものを学んでくると、逆によくないことも出てくるのかなと怖くなるときがあり...

記事を読む

縁尋機妙・多逢聖因

縁尋機妙・多逢聖因

縁尋機妙(えんじんきみょう) 安岡正篤先生の良く使う言葉です。 「良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展してゆく様は誠に妙なるものがある」 ...

記事を読む

NO IMAGE

モノサシと共に生きること

「生きる」ということが難しいと思ったことは今までなかった。 むしろ、生きることは何て楽で楽しいことだろうと思って生きてきた。 なぜなら、...

記事を読む

NO IMAGE

言葉の力

古来、言葉には言霊(言魂)と言って魂が宿ると信じられてきました。 不思議と言葉にはエネルギーが込められているようです。 言霊というと日本的...

記事を読む

NO IMAGE

体験を通さなければ何事も体得できない-考えたら実践し、実践したら考える・格物致知の教え

水泳の先生が3年間講義をしました。 息継ぎの仕方、水の掻き方、バタ足の仕方。 なるほど良く分かりました。と、言ってドボンと水に入ったら泳...

記事を読む

時代の転換期―新しい価値観を見出す

時代の転換期―新しい価値観を見出す

致知11月号「時代を切り開いた男たち」童門冬二さんと松平定知さんの対談を読んで。 時代が大きく変わるとき、そこには必ず新しい価値観があ...

記事を読む

西郷隆盛―器量の人物

西郷隆盛―器量の人物

先週、金曜は会津大学にて人間学ゼミ「西郷隆盛」の講義でした。 西郷隆盛は薩摩藩の下級武士に生まれ、16歳のときに郡方書役助となります。...

記事を読む

NO IMAGE

天皇―国民の平和を祈る無私の祭祀王

大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 國見をすれば 國原は 煙立ち立つ 海原は 鴎立ち立つ うまし國ぞ 蜻蛉島(あきづしま...

記事を読む

菜根譚 – 草の根を食べるほどの逆境におかれても

菜根譚 – 草の根を食べるほどの逆境におかれても

菜根譚は、中国明代末期、洪自誠(洪応明)によって書かれた処世哲学の書です。 当時、中国ではさほど読まれず、明治時代に入ってから日本でよく読...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)