「 人間学 」一覧

自分の無知を噛み締めながら、一生涯学ぶに如かず

自分の無知を噛み締めながら、一生涯学ぶに如かず

量り得ぬ 無限の良知が そこにある されど我が身の あまりの無知よ ※野口駄作 良書を手にすると、非常に感動します。 その本に納...

記事を読む

夢を達成するために必要なこと – イチロー小学生のときの作文

夢を達成するために必要なこと – イチロー小学生のときの作文

ある小学生の作文 僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。 そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。 ...

記事を読む

徹底的にやる。そして、続ける。

徹底的にやる。そして、続ける。

イエローハット相談役の鍵山秀三郎先生の掃除道という本を読みました。 掃除というのは誰にでもできることです。 小学生や中学生でも必ず毎...

記事を読む

挨拶、掃除、凡事を徹底

挨拶、掃除、凡事を徹底

東京に古田土公認会計士・税理士事務所という税理士事務所があります。 本来の会計顧問業務の他に「月次決算書」と「経営計画書」の作成、指導...

記事を読む

人間が生きていくうえで最も大切なもの ― 志の三つの条件

人間が生きていくうえで最も大切なもの ― 志の三つの条件

人間が生きていくうえで最も大切なことの一つは志を持つことだと大学時代から常々教えられてきました。野望や欲望とは全く違う「志」とはどんなものな...

記事を読む

焦りつつも…わが道をゆくのみ

焦りつつも…わが道をゆくのみ

発展途上国を拠点にしたバッグブランドを作る女性がいるというインタビューを読みました。 山口絵理子さん28歳。 大学を卒業した後、バングラ...

記事を読む

NO IMAGE

人に注意を与えるときに注意すること

人に注意を与えるのは難しいです。 相手のためでなく、自分自身のグチや鬱憤晴らしになってはいないか、、、 注意をする前によくよく考えて...

記事を読む

オリジナルを求める前に

オリジナルを求める前に

孔子が求めたのは古聖人の道を忠実に祖述することでした。 孔子自身は、自分の道に創意は一切無いと門徒たちに説明しました。 古聖人の道は...

記事を読む

論語の一歩奥を楽しむ

論語の一歩奥を楽しむ

論語には、「巧言令色鮮なし仁」とか「剛毅木訥、仁に近し」など非常にわかりやすい言葉もある反面、歴史背景、そのときの状況などがわからないと意味...

記事を読む

恩を感じる心が偉業を成す?

恩を感じる心が偉業を成す?

江戸時代後期の国学者に本居宣長がいます。 宣長先生は昼は町医者、夜は門徒への講義をしながら、深夜にかけての執筆活動で、古事記伝や源氏物語玉...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)