トーマス・エジソン ― 人の役に立つものでなければ発明ではない

「発明」と言ったら「エジソン」が一番に浮かびます。
1847年に生まれたエジソンは、今尚現代の産業に大きな貢献を果たしています。

一説によると、現在のアメリカのGNPの10%以上がエジソンの発明や特許が何らかの形で関係しているということです。

世界最大のコングロマリットであり、従業員数は30万人を越すGE(ゼネラル・エレクトリック)社もルーツはエジソンが創業したということを最近知りました。

白熱電球、蓄音機、キネトスコープ、アルカリ電池など、発明家というイメージがあったのですが、発明のたび、専門の会社を立ち上げて事業化しており、起業家としての側面もあったことも知りました。

というのも、「人の役に立つものでなければ発明ではない」という信念を持っていたので、一般に普及させるために事業化するというのは当然だったのかもしれません。

また、電気機器ばかりでなく、それらを普及するための副産物として、強化コンクリートやベニヤ板などの発明もまたエジソンによるものだそうです。

そうしたエジソンの幼少時代というのは面白く、松下幸之助翁よりもさらに早い段階で小学校からドロップアウトしていました。

松下幸之助翁は小学校4年9歳で中退して働き始めたのに対して、エジソンは小学校1年7歳で中退(というか、退学)。以後は、家で母親に教育を受けながら、読者や実験に夢中だったということです。

また、エジソンは7歳のときに猩紅熱にかかった影響で耳もほとんど聞こえなかったということでした。

一見してみると、ハンディがあり、恵まれない環境で育ったという印象を持ちますが、エジソン自身はこれらのお陰で自分の発明があると捉えていました。

境遇というものは将来どのように影響するかわからないものだとつくづく感じます。

「人の役に立つものを誕生させたい」

生涯この思いで研究・発明をしたからこそ、今日まで絶大な影響を与える大仕事が出来たのだと思います。

志の大切さを改めて感じました。

ちなみに「こんにちは」の「ハロー」を発明したのもエジソンのようです(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です