ビールは生が一番! ― 真に消費者の立場に立った物作り

asahi

中條塾読書会に参加させて頂いているご縁で、アサヒビールが長い間の低迷から、生き残りを掛けて戦い、復活する様子を中條名誉顧問の「立志の経営」を拝読しました。

日本のビールの歴史は浅く、初めてビールが日本へ入ってきたのは明治に入ってからでした。その後、明治20年代までにかけて、一時は100社前後まで中小ビール会社が膨らみ、それらが淘汰・統合されて明治39年には4社になりました。

大阪麦酒、札幌麦酒、日本麦酒、ジャパン・ブルワリーです。

これらがさらに統合し、大日本麦酒(大阪、札幌、日本)と麒麟麦酒(ジャパン・ブルワリー)になりました。

大日本麦酒はシェアの70%を持つ名門企業になりました。しかし、戦後、GHQの経済力過度集中排除法により、大日本麦酒は朝日麦酒(現:アサヒ)と日本麦酒(現:サッポロ)に分割されました。

シェアはこのとき、朝日麦酒が36%、日本麦酒が39%、麒麟麦酒が25%という具合でした。しかし、この分割以降、朝日麦酒は年々シェアを落とし、昭和50年には10%前後になってしまいます。

反対に麒麟麦酒は以降、シェアを急激に拡大し60%以上となっていました。

このままでは倒産しかねないということで、朝日は生き残りをかけた変革を求められました。その際に、ビールの原点に立ち返って考えた結果、「ビールは生だ」という結論に至りました。

というのも、それまでは、濾過技術の遅れにより、ビールはラガー(熱処理したもの)が一般的で、生は回転の早い夏場でしか味わえないものでした。

よって、ビールはラガーというのが通説になっており、それを疑う者はいない状況でした。

しかし、技術者達に聞いて回ると、皆口をそろえて生が一番美味しい。と言います。

では、通年、生でビールを飲めるようにしようじゃないかと。商品開発して、満を持して発表したのが「コク・キレ」であり、昭和62年の「スーパードライ」であったのです。

以降、アサヒは息を吹き返し今ではまたキリンとトップシェアを争うようになっています。

ここで、気付くことは、、、古くから「これが当たり前」と思われていた商品が、実は提供者側の都合で、真に消費者の立場に立った物作りが出来ていないということは結構あるのではないかという点です。

また、どれだけシェアが偏って、圧倒的大差がついていようとも諦めず、強い志を持って取り組めば為らざるものは無し。ということが分かりました。

たとえば、携帯音楽市場のアップルやOSのMicrosoftなど、一見これらの市場ではもう逆転するのは不可能と誰もが思ってしまいますが、実はそんなことはないのかもしれないという思いも沸いてきます。

とにかく、中條名誉顧問も終始仰っていることですが、「強い志」が有り得ないことを実現していく、一番の大元になるということです。

志。しかと定めていかなければと改めて思いました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です