ムハマド・ユヌス氏に学ぶソーシャル・ビジネス

「ビジネス」と聞くと「金儲け」かと大半の人は思います。
ビジネスのほとんどが金儲けにしか使われてこなかった結果だと思います。

しかし、ビジネスというものは決してお金儲けをするためだけの手段でないことが、ムハマド・ユヌス氏のお話を伺うことで良く分かります。

貧困なき世界を作る

これが、銀行家ムハマド・ユヌス氏の掲げるミッションです。
マイクロクレジット(貧困層を対象とした少額の無担保融資)は、世界60カ国以上に広がるなど、様々な社会貢献活動が評価され、2006年にはノーベル平和賞も受賞しています。

そんなムハマド・ユヌス氏から学んだことをまとめます。

ビジネスの「動機」であるべきもの
動機は非常に重要だと思います。現状のビジネスのほとんどが「金儲け」という動機のもとに作られています。しかし、氏は「問題」が動機となるべきだと語っています。
問題とは、貧しい国なら「貧困」「健康」「衛生」や、世界的に見ると、「エネルギー問題」「食糧問題」「環境問題」など様々です。これらの問題を解決したいという動機のもとに始められるビジネスをソーシャル・ビジネスと言っています。

金儲けができれば良いのではなく、極論コストが回収できればいいのです。
事業に費やしたコスト(勿論適正な人件費も含む)が回収できれば、自分が会社が身銭を切ることなく、社会が世界が良くなります。これほど素晴らしいことはありません。
利益ではない配当。社会貢献。それを氏は「心理的配当」と言っていました。
こうであれば、必要以上に儲ける必要はなく、また奢侈に驕ることもなくなるのではないかと思います。

障害にぶつかったときには
現場へ行く

氏曰く、「人々の元に出向いて話をし、何が起こっているのかを実際に確かめる。」

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ。」と言ったことで一躍有名になった刑事がいますが(元々有名)、「問題」は現場にあったはずです。その問題を解決するために活動している以上、障害にぶつかれば現場に出向くというのが基本的なスタンスだと言うことです。

時間をかけて良く考える

氏曰く、「何か新しいことを思いついた時には、じっくり時間をかけて行うということです。」

一分一秒を争い、同業他社を出し抜き、利益を確保することが目的ではありません。
どうやったら一番良い方法で人々のためになることができるか。競うとしたらその点のみです。そうであるからこそ、確実にじっくりと成果を出していく活動に専念できます。

このように、ソーシャル・ビジネスとは資本主義が求めたビジネスとは違った価値観で成り立っています。

日本ではわざわざソーシャル・ビジネスなんて呼ばなくても、そのような思想でもって大勢の経営者がビジネスを考えているし実際に活動していると思います。それが、日本の本来持っている「困っている人を助けなければ。という助け合いの精神」であり、素晴らしさだと思います。

自分もその一人として社会問題に取り組むビジネスをしていけたらと思いました。

月刊致知参考:致知2009年11月号

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です