売れるものがないときは―経営理念を売れるか

「松下の経営理念を売ってくれ」

昭和44年、松下(現:パナソニック)が海外のフィリップスと合同で乾電池の工場を作り、
お互いのブランドで同時に販売することになりました。

当時、松下はフィリップスに比べ製品力が弱く、販売網も築けていない状態です。

そこで松下幸之助翁は現地の社員に向けてこう言われました。

松下幸之助「うちの製品はまだ海外では負けとるな。現地で売る苦労をしている皆さんには誠に申し訳ないと思う。弱い製品を売る難しさ、それも海外で売る難しさは私なりによく分かっているつもりや」

「3年の猶予を私にくれないか。3年でヨーロッパのものにも負けないいい製品をつくるから。そこで君たちにお願いがある。その3年間で、君たちはそれが売れる強い販売網をつくってくれ」

と。最初のねぎらいの言葉で気持ちは救われました。
しかし、続く言葉に社員は何か釈然としない気持ちがおこりました。

「弱い製品でどうやって販売網を築くのですか」と。

幸之助翁はちょっと考えて、、、

松下幸之助「売るものはあるよ。松下の経営理念を売ってくれたらいい」

きょとん。です。

しかし、よく考えると商売の本質である「人間関係」に立ち返るということだと社員は気付きました。

良い製品だけを作って提供するだけなら、他社がより良い製品を作れば、より良い製品に、安い製品を作っても、他社がより安い製品を作れば、より安い製品にお客様は流れてしまいます。

製品だけを見つめていたら商売は長続きしません。
商売が長続きするには、人間関係、信頼というものが欠かせません。

その人間関係、信頼を築くために、松下の価値観である理念をお客様に示し、商品に反映させる必要があります。

経営理念を売れとは、そういうことだと気が付き、経営理念の大切さを学んだと当時社員であった、佐久間昇二氏(WOWOW相談役)は語っています。

人間一人とっても、その人の価値観、志に共鳴して人間関係が構築されていきます。

人、家庭、企業、国家、大きさは違えど生きものです。
志や理念というものの大切さに改めて気が付かされました。

幸之助翁は常に「実践の人」でありました。
志や理念は語っているだけでは説得力がありません。
実践してこそのものだと心得、ぶれない人生を歩みたいと思います。

参考:致知2009年10月号

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です