八海山の酒造りの姿勢に学ぶ経営思想

八海山というと、一時期ブームになった日本酒ですが、どんな姿勢でお酒造りをしているのか、南雲社長のインタビューを月刊致知(10月号)で読みました。

一、良い酒を作りたい「熱意」と「努力」
新潟のお酒が有名になってきたのはここ四、五十年だそうです。日本酒作りは古くから歴史がありますが、新潟のお酒が日の目を見る事はありませんでした。
しかし、新潟のお酒をなんとか良くしたいとの先代の熱意と努力で今日があると語られています。

松下幸之助翁も繰り返し語っていますが、「熱意」が一番最初になければ、何事も起こらないということだと改めて感じました。

何としてでも二階に上がりたい!という強い意志が「梯子」を作らしめるのであって、優秀な人が「梯子」を作るわけではない。という例え話に通じます。

一、明確な理念
八海山を作っている八海醸造㈱は大正十一年に創業しました。
現社長の祖父の創業です。日本酒業界の中ではかなりの若手だと思いますが、なぜここまで酒=新潟という全国的な知名度を勝ち取れたのか。明確な理念が受け継がれているからだと思いました。

淡麗というカテゴリーの中で高品質な清酒を造る。それには大吟醸酒作りを目指す。

この一点のみに全力を捧げているということです。

酒造りに妥協を許さないというのは、どこの酒造も勿論その意気であると思いますが、○○のカテゴリーにおいて、というとても明確な目標があることが無名の醸造会社を一躍有名にさせた理由なのかなと思いました。

一、役割の明確化と供給責任
そして、面白いのは、お酒造りをしている本体である製造部門と営業を担当している販売部門を別々の会社にしたという点です。

人気が出ると、往々にして販売部門から「もっと利益の出せる製品にしてほしい」とか「もっと市場にウケがいいものを作ってほしい」など要請が出てきます。
それに応じてしまうと、八海山を作っているのか、何を造っているのか分からなくなってしまうと南雲社長は仰っています。

また、南雲社長は以下のようにも語られています。

いい酒を造るだけではなく、いい酒を求めている人達の手に行き渡るようにすることは、一つの企業責任ではないかと謂うのです。希少性を前面に出して、価格がつりあがっていくことは、品質の悪いものを市場に流すのと同じくらいお客様を無視した姿勢だと考えます。

勿論全ての商品に供給責任がもてるわけではありませんが、スタンダードラインのものに関しては上記のような姿勢を貫きたいと仰っておりました。

何を目指しているのか?
最初にあった目標、目的がいつの間にか見えなくなっているということのないように配慮されていることが良く分かりました。

何かに向って走るとき、必要なのはインターバルのための給水所でもなく、楽ちんな車でもなく、ゴールテープなのだと改めて気付かされました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です