大人物となる五つの心得 其の五 交友を択ぶ(択交友)

益友と損友を見極め、積極的に益友と関わり大切にする

交友とは自分が交際する友人のことで、択ぶとは多くの中から選び出すという意味である。同じ先生の下で学ぶ人、同郷の人、年が同じくらいの人、自分と交際してくれる人があれば、みな友人として大切にしなければならない。しかし、友人には損友と益友があるから、その違いを見極めて選ぶということが必要なのである。友人の中に損友がいたら、自分の力でその人のよくない面を正しい方向へ導いてやらねばならない。だがもし益友と称すべき人があったら、自分のほうから交際を求め、どんな事でも相談して、常に兄弟のように交わるのがよい。世の中には、益友ほど巡り合うことが少なく、獲がたいものはないから、一人でも益友があったら、何をおいても大切にすべきである。

(参考:橋本左内「啓発録」

損友と益友を見極めて、損友は正し、益友とは積極的に交際せよと最後の心得にて説いています。

飲食、歓楽行楽で親しくなった友人は、普段は互いに親友だと肩を組んでも、平穏無事のときに、わが人格を向上させるための役には立たないし、問題が生じたときも、救ってくれる者でもない。このような、損友とはできるだけ会う機会を少なくし、遊興への誘惑に負けぬ強い意志をもち、馴れ合いすぎて道義心を汚すことのないように、注意しなければならない。そして、何とか工夫してその友人を正しい方向へ導き、文武に関心を持つように仕向けることも、友人としての道である。

さて、すぐに心安くなれる損友と違って、益友とは、悪いところを遠慮なく注意してくれる友人をいう。自分の過ちを指摘し、戒め正してくれこそ、自分では気がつかない誤りや不足している部分を改め補うことが、可能となるのである。そのため、益友からそのような忠告を受けることを嫌ってはならない。

良い友人は良い友人を呼び、悪い友人は悪い友人を呼びます。折角、良い友人と付き合っても、自分が自身に甘く、遊興にふけるようなら、損友だとみなされ、良い友人も離れていってしまいます。悪い友人と出会うことがあっても、自分の徳が優れたものなれば、感化は人に及ぶということがあるかもしれません。結局は、自分を磨き、高めることが基本にあり、その中で友人を求めていくということが慣用なのだと改めて思いました。

最後に、益友を見定めるポイントが五つ紹介されています。

  • 厳格で意志が強く正しいか
  • 温和で人情にあつく誠実であるか
  • 勇気があり果断であるか
  • 才智が冴えわたっているか
  • 小事に拘泥せず度量が広いか

これらは、全く自らにもそうであるかと問い続けなければならないことだと思います。
友人を選ぶ大切さを、自らを高める大切さと同様に考え、己の修養に励んでいきたいと思いました。


啓発録 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です