地球の健康のためにも主食は○○!?

地球の健康のためにも主食は○○

  • お米を減反政策などで生産量を大幅に減らしておきながら、その一方で外国から大量の穀物を輸入している。
  • 輸入される穀物の多くが食用ではなく、食用家畜の飼料用となっている。

穀物を直接口にするのに比べて、穀物をエサにして獲た肉や乳製品を口にするのとでは、70%~90%もエネルギー摂取率が落ちてしまうそうです。

自国の米を減反させ、穀物を大量に輸入して、直接食べたらいいものを肉や乳製品といったものに作り変え、消費するというのは如何なものかと筆者は訴えています。

世界の穀物生産量のうち、「家畜と人間の食べる量がほぼ同量」になったと言われています。その家畜のほとんどが先進国にいます。

日本人は、米という素晴らしい主食がありながらそれを食べず、国家レベルで米の生産を制限し、飢えに苦しむ人たちを尻目に金にものをいわせ、穀物を買いあさって家畜に与え、その肉や乳・乳製品を貪っている。

一個人の健康、日本の農業の将来、地球全体の健康 ―――

これらをよくよく考えたら、「米を沢山食べること(日本食)は貧しく、欧米食が豊か」という考えがいかに誤っているかわかるだろう。

一部の人間の都合(ビジネス)で「こっちが豊か」「あっちは貧しい」と定義され、その定義に踊らされ、その結果、個人の健康が犯され、貧しい国は救われず、地球の健康すら害されています。
一部の人間が利益を貪るためだけに、その他の人やものや環境を蹂躙するようなことは許し難いことです。

お米を食べることが地球の健康のためにも役に立つということを身近な例として、個人の健康も地球の健康も同じ問題として生活していきたいと思いました。

粗食のすすめ (新潮文庫) 粗食のすすめ (新潮文庫)
幕内 秀夫
粗食のすすめ レシピ集 粗食のすすめ レシピ集
幕内 秀夫
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です