積小為大(せきしょういだい) ― 平凡な事を非凡に勤める。

大事をなさんと欲せば、小さなる事を、怠らず勤むべし。小積もりて大となればなり。凡そ小人の常、大なる事を欲して、小なる事を怠り、出来難き事を憂いて、出来易き事を勤めず。それゆえ、ついに大なる事あたわず、それ大は小を積んで大となる事を知らぬ故なり。

――二宮翁夜話より

鍵山秀三郎氏も、「良樹細根」をモットーに、「平凡な事を非凡に勤めなさい」と言われました。

チリも積もれば、、、と知りながら、我が身を振り返ると、なかなか小事徹底、凡事徹底が出来ていないことを痛感します。

些細なこと、当たり前なことを真剣に取り組まなければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です