人生は綱渡りの如し ― 最後まで渡りきらなければそれまでの努力は全く無効となる

綱渡りが喝采を受けるのは、なるほど途中でも喝采は受けましょうが、しかし真の喝采となると、どうしても向こう側へ着いてからでないと、真の喝采とは言えないでしょう。

と言うのも、もしも万一のことがあったならば、途中での喝采はたちまち無効になるからです。そこで真に間違いのない喝采となると、やはり首尾よく綱を渡り終えてからでないといけないわけです。

同様に今、人間の真価が本当に認められるのも、綱を渡り終えたところ、即ち亡くなってからのことでしょう。しかし、その真価は、死後にあるのではなくて、実に生前の生活そのものにあることを忘れてはならぬのです。

結局一口に申せば、その人の一生が、いかほど誠によって貫かれたか否かの問題でしょう。

―と、森信三先生は仰っております。

とてもわかりやすい例えでした。

いくら、途中までは努力していたとしても、最後まで渡りきらなければそれまでの努力は全く無効となるのです。

綱渡りは一瞬の油断も、停滞も出来ません。油断したら落ちるし、立ち止まっても落ちる。

まるで人生そのものです。

そして、死んで初めてその真価が評されるというのも全くその通りだと思いました。

自分は、人生という綱の上にいることをよくよくイメージして、一歩一歩をより慎重に、そして、止まることなく、歩いて行かなければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です