天に任せる

君子はその位(くらい)に素して行い、この外を願わず。
富貴に素しては富貴に行ない、貧賤に素しては貧賤に行ない、夷狄(いてき)に素しては夷狄に行ない、患難(かんなん)に素しては患難に行なう。
君子入るとして自得せざるなし。
上位に在りては下(しも)を凌(しの)がず、下位に在りては上(かみ)を援(ひ)かず、己れを正しくして人に求めざれば、則(すなわ)ち怨(うら)みなし。
上は天を怨みず、下は人を尤(とが)めず。

君子は自分の立場や地位にこだわらず、その時々の自分の境遇を受け入れて行動する。
そして、それ以上のことを求めない。

金持ちになればなったで、それにふさわしい行いをする。
貧乏であったとしても、不平も言わず悠々として生きる。
僻地や田舎に暮らしたとしても、その生活を楽しむ。
苦しく、困難な状況になったとしても、あわてず、従容(しょうよう)としてそれを受け止める。

君子はどんな状況になっても、淡々としてその境遇を受け入れる。
上の立場にあっても、下の者をしいたげたり、上から押さえつけたりしない。
下の立場であったとしても、上に媚(こ)びへつらったり、取り入ったりしない。

自ら正しい道を歩み、他人に求めず、与えることを多くすれば、人をうらやんだりしない。
天をうらまず、人をとがめてはいけない。

―中庸

現在の自分の状況に一喜一憂するのではなく、素直に受け入れ、やるべきことをやっていく。
目指すべきを目指していく。

静かに志を暖め続けていきたいと思います。


大学・中庸 (岩波文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です