功の成るは成るの日に成るにあらず

功の成るは成るの日に成るにあらず、けだし必ず由(よ)って起こる所あり。

過(わざわい)の作(おこ)るは作るの日に作るにあらず、また必ず由って兆(きざ)す所あり。

(蘇洵、管仲論より)

人はある日突然成功するわけではありません。
しかるべき種まきがされていてこそ成功します。

また、禍も同じで、人に禍が起きるとき、必ずどこかでその種がまかれています。

良い種も悪い種も巻くのは自分自身です。

良い種とは、素直、謙虚、感謝、努力などの日常の行動や姿勢です。また、楽しんだり、笑ったりという明るい表現です。

悪い種とは、不平や不満、愚痴、嫉妬や怒り、怠惰、不正、暴力などの行動や姿勢、表現です。

種を巻いたら、良かれ悪かれ芽が出ます。

善因善果、悪因悪果、自因自果。

悪い種巻きを減らし、良い種を巻くことを心掛けていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です