夢を達成するために必要なこと – イチロー小学生のときの作文

ある小学生の作文

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は3歳の時から練習を始めています。
3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは365日中、360日は激しい練習をやっています。
だから1週間中で友達と遊べる時間は5、6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。
そして、その球団は中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。
ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。
僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは、全国大会に行きました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン投手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打ちました。
そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。
そして、僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。
だからこの調子で、これからもがんばります。

そして僕が1流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の1つです。
とにかく1番大きな夢は野球選手になることです。

愛知県西春日井郡豊山小学校六年二組 鈴木一郎

イチロー小学6年生のときの作文です。

夢を達成するために必要な要素が二つあることに気が付きます。

一つ目は、自分の夢に一切の迷いがないこと。
夢に対してど真剣なこと。

二つ目は、自らの夢に対して代償を進んで支払おうとする気持ちが強いこと。

一つ目は、大なり小なり皆子供のころは持っているものなのかもしれません。

しかし、二つ目はなかなか持ち合わせている人がいません。

自分なんかもそうですが、何かにつけ怠け心が勝ってしまいます。

松下幸之助翁曰く「夢をみることは重荷を背負うことだ」と。

出来ることならば、重荷を背負って一生歩き通したいと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です