人に注意を与えるときに注意すること

人に注意を与えるのは難しいです。

相手のためでなく、自分自身のグチや鬱憤晴らしになってはいないか、、、
注意をする前によくよく考えてみる必要があります。

成事は説かず、遂事は諌めず、既往は咎めず。

(起きた事は語るまい、遂げられた事は諌めまい、過去の過ちは咎めまい。)

孔子もこうして人に注意を与える前に自らを静めたといいます。

注意するときは、感情をぶつけるのではなく、冷静に、純粋に、その人のためを思って言ってあげられるよう、この三か条を唱えるといいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です