オリジナルを求める前に

孔子が求めたのは古聖人の道を忠実に祖述することでした。

孔子自身は、自分の道に創意は一切無いと門徒たちに説明しました。
古聖人の道は完全無欠だから、ただこれを信じ、ただこれを好み、そしてそのままに世に伝えてさえいけばよいと。

ある門徒は言いました。
「私どもは、先生の教えが、単に古聖人の祖述であるとは信じたくありません。
それは先生のご謙遜ではありませんか。第一、もし古いものを伝えていくだけが人間の道だとしますと、世の中には何の進歩もないわけであります。
だからこそ、殷の湯王の盤の銘にも「まことに日に新たに、日々に新たに、日にまた新たなり」とあるではありませんか。私どもは、いくたびとなくその言葉を先生に教えていただいたと記憶していますが…」

孔子はこれを聞いて、微笑し、言いました。

「お前の言うことは、まるで見当違いじゃ。
古聖人の道をこの山(泰山)にたとえてみよう。
お互いにこの泰山の頂をきわめないで、一寸一分でもそれを高くすることができると思うのか。聖人の道にただ一つでも創意を加えようとするには、まず古聖人の道を完全に理解しなければならない。
頭で理解しただけではいかぬ。
心で、からだで、つまり実践の道において自由自在に自分のものとしなければならない。わしは今日までそれを努めてきたのじゃ。
努めてきた結果、いよいよ古聖人の道の完全無欠なことに驚くばかりじゃ。
お前は、世の中の進歩を望んでいるようじゃが、世の中を進歩させるには、まずお前自身が進歩するのが、一番の近道じゃ。どうじゃ、古聖人の道がほうとうにわかったかの。古聖人以上の道をわしに求めるほどに、お前自身の準備はもう整ったかの。もしまだ整っていないとすれば、湯王の盤の銘にあるように、毎日自分の垢を落として、日に日に新たになることじゃ。」

と。。。

山を一寸一分でも高くするという例えが非常に分りやすい教訓でした。
創意、オリジナルというものは、山の頂に立たずして得うるものはありません。
また、世の中の進歩発展も、まずは己の進歩発展からです。

新しい何かを求める前に、すでに存在する完全無欠の道をどれだけ歩めるか。
日々の生活に反省する点が多すぎて、ちっとも進んでいる気がしない2010年初。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です