菜根譚に学ぶ「自然に身をゆだねる」

雪夜の月天に当たれば、心境はすなわち澄徹す。
春風の和気に遇えば、意界もまたおのずから沖融す。
造化人心は、混合して間(へだて)なし。

参考:菜根譚 (タチバナ教養文庫) 吉田公平

雪の積もった明月の夜には、心境も清らかに澄みとおる。
のどかな春風に吹かれると、気持ちも和らぎなごむ。
自然と人間の心とは、一つにとけあってへだてがない。

雪が降り積もって、あたり一面が真っ白に化粧した日、周りに遮るもののない場所で、晴れた空に向かって雪の上に寝転び、深呼吸をして、身体の力を抜くと、、、
まさに自然と一つになった感覚を覚えます。

ただただ笑いがこみ上げてきます。

時には何も考えず、ゆだねるがままに自然に溶け込み、心に余裕を持たせることも必要だなと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です