人間の煩悩について諸々―森信三「一語千鈞」

名誉や利益、飲食や性欲など。人間の煩悩について森信三先生の言葉をまとめてみました。

自分の持っている凡ての知識や経験を、根本的に統一するためには、ある意味では現世的な欲望を捨てねばなりません。そしてこの点こそ、実際問題としては実に容易でないばかりか、この点を真に理解することさえ、実際には容易なことではないのです。

多くの相対的なものを統一するには、一度はそうした相対的な立場を超える必要があるわけです。「超える」というのは、主体的には一応それらを「捨て」ねばならぬ―ということです。

名・利―即ち名誉とか利益とかいうものは、本当は相対的なもの、すなわち真に絶対的なたよりになるものではないにも拘らず、しかもそのことが真に解るためには、われわれ人間は、まさに「死」に近いほどの苦悩を味わいつつ、これらを通過しなければならぬわけです。

人間はいくつになっても、名と利の誘惑が恐ろしい。有名になったり、お金が出来ると、よほどの人でも、ともすれば心に「ゆるみ」が生じる。

人間のシマリは、まず飲食の慎みから―。
次には無駄づかいをしない事。そして最後が異性への慎み。

人間のシマリは、「性」に対するシマリをもって最深とする。しかも異性に対する用心は、何といっても接近しないことである。如何なる人でも近づけば過ちなきを保し難いのが、「性」というものの深さであり、その恐ろしさである。

性欲の萎えた人間に偉大な仕事はできない。
―それと共に、みだりに性欲を漏らす者にも大きな仕事はできぬ。

人間はこの肉体をもっている限り、煩悩の徹底的な値切りは不可能である。そしてこの一事が心根に徹して分かることこそ、真の「救い」といってよかろう。

煩悩の多くは相対的であり、絶対的なものではないから、一度それらを捨てる必要がある。しかし、人間は煩悩を捨てきれるものではないし、死ぬほどの努力でもって、捨て、超えようとした先に、捨てられるものではない、超えられるものではないと悟る。すると、それらを捨てようとするのではなく、見ないようにするのでもなく、適当な距離において、生きていくことが大切だと仰っているのではないかと思います。

近づきすぎると危険であり、遠すぎると力は沸いてこない。
この扱い方、この距離感が非常に難しいのだと思います。

名・利を手にした場合、自分の心のあり方がどう変化するか今はなかなか想像できませんが、そうなった場合でもいつでもこの千鈞の言葉、金言を思い出し、自分を戒め、謹んでおれるようにありたいと願います。

本当の武士はまさにこの通り生きてこられた人たちだと思います。

この難しい命題への実践者、実現者が数多く存在した日本という国に誇りを持つと同時に、自分もまたその一人の実践者でありたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です