従業員の意識を変えた「一本の箒(ほうき)」

スーパー駅長たまで有名な和歌山電鉄貴志川線。
その鉄道の経営をしているのが和歌山電鐵であり、岡山県を代表する企業、両備グループです。

両備グループ代表の一人である小嶋光信氏は地方交通の再生請負人として有名で、数多くの地方交通を再生してきました。その、小嶋氏が一番最初に再生したのは両備運輸という会社の「旅客船部門」と「物流(トラック)部門」でした。

両事業は、株主からも撤退したほうがいいと要求されるほど、赤字がひどい状態でした。しかし、小嶋氏は、両備運輸の中で成長の余地があるのは物流部門だけだと目利きし、物流部門の再生にはいりました。

物流部門は当時、下請けの下請けで社員のモチベーションもモラルも非常に低い状態でした。まずは元請にするというので社員の教育からはじめるわけですが、当時の社員というのは、職場に成人誌は散らかっている、博打は打つ、交通事故は起こすといった散々な状態でした。また、改善しようにも、労組のトラック運転手の抵抗が半端なく、運転手達との集団交渉も一進一退でした。しかし、現場に通いつめ、運転手達の話しを聞き、一応の地ならしができました。

そこで、ようやく前向きな話ができるようになりましたが、運転手達にいきなり難しいことを要求しても無駄だと判断し、安全運転やマナーについての説明をしながら「一本の箒(ほうき)」という話をしたということでした。

小嶋氏「要するに荷物を受け取りに行く時には、必ず箒を持っていかせるのです。そして荷主さんに挨拶し積み込みが終わったら、その一帯を掃除して出発する。荷物を降ろす時も一緒。荷降しの前に掃除して、作業が終わったら箒を持って挨拶してから出発する。他のことはさておき、それだけを確実にやってもらうことにしました。」

渋々ながら、運転手さん達はやってくれたようでした。そうすると驚いたのは荷主さんたちで、「両備運輸は感心だ」というので、直接オーダーが入るようになりました。下請けから脱していくと、当然のように運転手さん達の目つきも変わっていったそうです。

難しいことを要求する必要はなく、シンプルで単純だけど大切なことを実践させる、或いは、していくということは非常に重要なことだと気付かせて頂きました。

小嶋光信氏は、経済とは本来「経世済民」であり、「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」ことであるとし、「会社に関わる社会や社員や顧客を苦しみから救うこと。これこそ自分が求める経営であり、利益を確保するのはその手段にすぎない」と仰っております。

小嶋氏のような理念と実行力を持ち、仕事をしていきたいと思いました。

PS.
というか、たま電車可愛いすぎる!!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です