時代の転換期―新しい価値観を見出す

致知11月号「時代を切り開いた男たち」童門冬二さんと松平定知さんの対談を読んで。

時代が大きく変わるとき、そこには必ず新しい価値観がありました。
新しい価値観をベースとして国作りをするということは至難の業です。
しかし、歴史上の偉大な人物達はそれを成し遂げてきました。

一例をメモがてら載せてみます。

源頼朝

時代:平安→鎌倉
提案:貴族主義(貴族社会)→実力主義(武家社会)
新しい価値:土地=実力
理由:血筋のあるものが統治するのではなく、本当に実力があるものが統治する
備考:「一所懸命」という概念を作り上げた。

織田信長

時代:戦国→安土
提案:土地→文化(茶器)
新しい価値:文化=実力
理由:優秀な部下が増え、報酬となる土地が減ったため
備考:「一所懸命」という概念を覆した。

徳川家康

時代:桃山→江戸
提案:戦(下克上)→平和
 君、君たらざれば、臣は臣たらず→君、君たらずとも、臣は臣たれ
新しい価値:朱子学
理由:争いの無い長期政権を維持するため
備考:武士は民を治めるため武から文へ。

これから、大きくうねる時代、新しい価値観はどんなものが相応しいのか。
やはり、「物質」「消費」から「環境」「共生」へという価値の転換なのか。
はたまた別のものなのか。

一つ考えてみることには、価値観がどんなものになろうと、どれほどの偉人であろうと、時代が求めていない価値観を強制することは非常に困難なのじゃないかと思います。

一時的には可能でも、継続的なものにはならないと思います。

そう考えると、天下を動かすほどの新しい価値観というものは、戦略的に誰かが意図できるものではなく、時代や社会が求めてくるのであって、それを敏感に感じ取り、実行した行動の人がいたという認識になります。

松下幸之助翁は「世間は正しい。世間は鏡のごときもの。世間は神のごときものだ。」と言い、新しく事業を展開するときには世間様の価値観でもって判断しました。

価値観というものは、提案者の都合・主張で作るのではなく、時代が求めるものだと思います。
社会、世間様、人様が求めるものだ思います。

また、空海の言葉に「書もまた古意に擬するを以て善しとなし、古迹に似るを以て巧みとなさず」とあります。それを受けて、松尾芭蕉の言葉に「古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ」とあります。

歴史上の偉人達の表面的な成功を求めるのではなく、その真意を見極めていくことも大切だと教えられます。

偉人の求めたるところを求め、世間の求めたるところを求めていく。
そんな生き方を心掛けていきたいと思います。

月刊致知参考:致知2009年11月号

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です