知りて知らずとするは

知りて知らずとするは上なり。
知らずして知るとするは病(へい)なり。
聖人は病あらず、其の病を病とするを以て、是を以て病あらず。 (老子71章)

自分でよくわかっていても、まだ十分にはわかっていないと考えているのが、最もよいことである。
わかっていないくせに、よくわかっていると考えているのが、人としての短所である。
優れた人に短所がないのは、かれがその短所を短所として自覚しているからで、だからこそ短所がないのだ。

一、自分の短所を短所として自覚すること。
一、短所によって害を及ぼさないように心がけ徹底すること。
一、自覚しても自覚しきれていないと考えること。

今、まさに課題として生活していることです。

良い習慣を早く自分の体に癖というほど染み込ませ、染み込んだとて、老子の言う、常に短所を自覚し続けることが出来る人間でいたいと思いました。


老子―無知無欲のすすめ (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です