武士道とは何か・武士道の起源

新渡戸稲造の「武士道」を読んで学んだことをまとめていきます。

武士道の基本概念(ルーツ)

仏教・・・死生観

仏教は武士道に、運命に対する安らかな信頼の感覚、不可避なものへの静かな服従、危険や災難を目前にしたときの禁欲的な平静さ、生への侮蔑、死への親近感をもたらしました。

一流の剣術師匠(柳生宗矩)は、一人の弟子が自分の技の極意を習い覚えてしまったのを見るや「私の指南はこれまで。あとは禅の教えに譲らねばならぬ」と言われたとあります。

神道・・・愛国心・忠誠心

主君に対する忠誠、先祖への崇敬、さらに孝心などが神道の教義によって教えられた。そのため、侍の傲岸な性格に忍耐心がつけ加えられました。

神道の自然崇拝は、国土を私たちにとって心の奥底からいとおしく思われる存在にしました。また神道の祖先崇拝は、次から次へと系譜をたどることによって、ついには天皇家を民族全体の源としました。

儒教・・・道徳心

武士道における道徳的な教義は、孔子、孟子の教えが源泉となっています。当時、孔子や孟子のテキストが盛んに学ばれました。さらに、武士道では知識のための知識を軽視しました。

「論語読みの論語知らず」ということわざは、孔子の言葉だけを振り回している人をあざけっています。武士道では自然と知行合一が評価されました。王陽明の教えを受け入れるために、日本人の心は特にひらかれていたように思う。と新渡戸稲造は解説しています。

武士道がどのような思想の束から紡ぎ出されてきたのか、知ることが出来ました。

武士道には、明確な起源があるわけではなく、また、ある人物がその生涯を賭けてつくり出したものでもありません。封建制の成立から自然と湧き上がり、何百年にもわたった武士の生き方の結晶でありました。

まさに人々の心に刻み込まれた掟だったことを学びました。

武士道をはぐくみ、育てた社会的条件は消え失せて久しくとも、そのルーツや思想を学ぶことにより、日本人の「倫理体系のかなめの石」となっている武士道を深めていきたいと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です