炎の陽明学~山田方谷伝~ を読んで3/3

古典・大学に修己治人の学として8条目あります。

格物・致知・誠意・正心・修身・斉家・治国・平天下

偉人は皆、己を修める(修己)前5つの項目を徹底するか、人を治める(治人)の後ろ2項目を徹底するか、あるいは、どちらも徹底するのですが、間にある「家」をも斉えた人物というのは少ないように感じます。
(※斉家も優れた代表的な偉人がいたら教えて下さい。。。)

山田方谷しかり、良く学び、良く励み、奢侈を嫌い、不正を嫌い、己には厳しい倹約的生活を課していました。その結果、見事国を治めるに至りました。明治の新政府からは、天下を治める手助けをして欲しいと岩倉具視大久保利通木戸孝允など敵陣営だったにも関わらず、声が掛かりました。

農商出身の山田方谷にとって、これ以上の出世はありませんでした。
これも一重に幼い頃より儒学を丹念に学んできた結晶だと思います。

しかし、華々しい表の活躍とは打って変って、家庭生活はうまくいかないことが多かったようです。

2度の離婚もさることながら、藩政においては神がかり的な改革を成し遂げた方谷が、晩年の山での隠居暮らしでは、凡ミスをおかしています。普請道楽・普請地獄。
門下生として学びたいと各地から集まる入門希望者のために、家を大きく造りすぎて、予算をはみ出してしまいました。その借金のために、ずいぶん苦労したようでした。

方谷が家計簿に書いていた詩(原文は漢詩)を紹介します。

借金が何だというのだ、わずかなお金じゃないか。
とるにたらないことに心をわずらわすなんて。
ちゃんと胸中には支払い見こみが立っている。
夫の私は蔵書を売り、女房はかんざしを売ればすむことだ。

藩の最高権力(今でいう総理大臣)にまで上り詰めた奇跡の財政改革者の裏にはこんな一面があったというのが可笑しくなります。

これは教訓だと思います。

どんなときでも油断は禁物。
わずかな油断が大きな綻びへと繋がるやもしれません。
歴史や偉人に学ぶ一つの大きな意味に、教訓があることだと思います。
完璧に限りなく近くても、完璧な人間はなかなかいません。
完璧な人間足りえると、キリストやブッダのように神や仏になるのかもしれませんが、基本的にはどこかに、人間味があり、教訓があります。

改めて教訓の大切さに気づきました。
生き方・生き様のケーススタディです。
それらのケーススタディで学んだ教訓を我が身に活かし、歩んでいきたいと思いました。


炎の陽明学―山田方谷伝

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です