松原泰道老師に学ぶ般若心経 1/2

致知出版社ではお馴染み、現代仏教の第一人者に松原泰道老師がおります。
本日、ふと本屋に立ち寄ると、「百歳で説く般若心経」という本に目がとまりました。

今まで「気持ちが良い」という理由で、意味もわからず般若心経を読経していましたが、老師自身による般若心経の読経CD付きということも手伝い買ってみました。

本自体は、黙読したら30分~40分程度で読めてしまう厚さでしたが、過ぎず、及ばざらず、平易で非常にわかりやすく、般若心経とはこんなストーリーだったのかと理解できました。

般若心経に関してはこの本しか読んでないので、非常に恐れ多い感想ですが、まさに、入門書として必要十分という直感を感じます。

その内容とは、
釈尊の修業内容を人格化した架空の人物である観自在菩薩(観音様)が、釈尊の高弟であり実在した舎利子に対して、一切が「空」であるという真理を説いているストーリーです。

菩薩は修行者(厳密には釈尊)をあらわします。
観(察)自在菩薩というのは、釈尊の修業内容が対象を良く観察し、その対象に成り切る(相手と一体になる)というものであったことから、その修業が自由自在にできるという「修業の人格化」が観自在菩薩、または観世音菩薩となりました。

すべては「無常の存在」であるという真実。
すべては「無我の存在」であるという真実。

この二つの真実を総括するのが「空の真理」に外ならないと説いています。

無常」というのは、すべては常に移り変わり、永遠の存在は一つもないのだということ。

無我」というのは、すべての存在は孤立して存在できない、みな他と関わりあってはじめて存在が可能だということ。

この真理は身体のみならず、心に関する事象すべてに通じる真理であると続けています。

空の真理を悟るには、「観察の智慧」によって得られると言います。

知恵智慧の違いも巻頭に説明があり、分かり易く目から鱗でした。)

最後は、ギャテイ、ギャテイ…という「彼岸へ渡ろうよ…」と記され、わずか276文字の般若心経が締められます。

解説しているページ数でいえば70ページ程度の本ですが、ここに挙げきれなかった面白い内容が、短いながらも濃密に紹介されています。

般若心経には興味があるが、内容を良く知らないという人のための入門書には最適ではないのかなと思いました。

個人的には、この本を読み、新ためて仏道に関する胆識を深めるきっかけ、仏教語で言うなら「」というものを感じることができました。


百歳で説く「般若心経」

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です