ベンジャミン・フランクリンに学ぶ13の徳目

米100ドル紙幣に肖像が描かれているベンジャミン・フランクリン(Wiki)ですが、
自伝に、自らを戒め、行動指針として定めた13の徳目が紹介されています。

ベンジャミン・フランクリン1. 節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
2. 沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
3. 規律 物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
4. 決断 なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
5. 節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
6. 勤勉 時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
7. 誠実 詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出ですこともまた然るべし。
8. 正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
9. 中庸 極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。
10. 清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
11. 平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
12. 純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これに耽(ふけ)りて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
13. 謙譲 イエスおよびソクラテスに見習うべし。

フランクリンは自ら習慣としたいと思うことを13の徳目として練り上げました。
一度に全部をやろうとし、かえって注意を散漫にするといけないということで、1から順に習慣化したそうです。

この裏付けがあって、フランクリンの偉業があるのだと思うと、習慣というものが、どれほど大切かが改めて良くわかりました。

良い習慣を一つづつ増やそうとしている最中にあって、とても参考になりました。

1つの項目を1年かけて習慣化したとしても13年です。
とはいえ、孔子の、「吾十有五にして学に志し~」というくだりからもわかるように、13年で聖人足りえるということは難しいと思いますが、ひとつの目安になるかもしれません。

自らも自らが守るべき徳目を練り上げ、自己の戒律としたいと思いました。

嫁は、小学生の頃にフランクリンを読み、実践していたことがあるらしいデス…。
恐ろしいですね。。。


フランクリン自伝 (岩波文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です