佐藤一斎に学ぶ 失ってはならない拠り所

119、己を恃(たの)むべし

佐藤一斎およそ、大丈夫たるものは、自分自身にある者をたのむべきで、
他人の智慧や財力、権力などをたのみにしては何ができようか。
天を動かし、地を驚かすような大事業も、すべて、己一個より造りだされるものである。

仏教での一話。
弟子の阿難が、釈尊の最後が間近いことを知って、
「私はこのさき、誰に頼ったらよいのでしょうか」と泣きながら訴えた。
釈尊は言われた、「阿難よ、汝自らを灯火とし、汝自らを拠り所とせよ。
他を拠り所とするな。真理を灯火とし、真理を拠り所とせよ
」と。

また、法句経では以下のように歌っています。
おのれこそ おのれのよるべ 他の誰に たよられようぞ
よくととのえし おのれこそ まこと得難き よるべなれ

「よくととのえられた己」は、「真理」と同様に「拠り所」となりえる
と言っているのだと解釈しました。

120、己を失えば

佐藤一斎己を失えば、友人を失う。友人を失えば、物を失う(何もなくなってしまう)。

自分の志した生き方を失うということは、友の信頼を失うことであり、
全てを失うことだと心得、己を見失うことのないよう、日々内省し、
どうやって生きたら、より良くなれるか工夫したいと改めて思いました。

頼るべきは人ではなく、自分であり、自分を頼るには、
頼りになるべき自分自身を作り上げなければなりません。
自分が自分に嘘を付いているようでは、自分を頼れる道理もありません。

心を正し、身を修めること、家を斉えることを意識し、
生活していきたいと思いました。

言志四録(1) 言志録 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です