佐藤一斎に学ぶ 欲を内に留めること

112、欲を漏らすな

佐藤一斎草木が生気があって、日に伸び茂るのは、草木の欲である。
草木の枝葉が伸びるにまかせれば、欲が漏れる。
だから、枝葉を切れば、生気が根に返って、幹が太くなる。
人間も身体の欲にまかせると欲が漏れる。
欲が漏れると、精神が消耗して、霊妙な働きができなくなる。
故に、欲が外に漏れるのを防げば、生気が内に蓄えられて、
心は霊妙な働きをし、身体も健康である。

113、欲をふさぐ

佐藤一斎鍋のなかの湯が蒸発して、湯気となる。
この湯気が外に漏れて出ると湯は少なくなる。
蓋でこれをふさぐと、湯気は外に漏れないで、露となり、滴り落ちて、湯は減らない。
人もよく欲をふさぐと、心も体も十分に養われることも、これと同様である。

これは、前々からそうだなと感じることがあります。

とある芸術家も欲を外に出していると、いい作品が作れない、と言っていました。
しっかり本を読んだわけではないので定かではありませんが、
フロイトもそんなことを言っていたような気がします。

欲が過ぎ、それを適当なことで満たしているときは、
今まで、溜めていたエネルギーが外にどんどん出ていってしまうような感覚があります。

そんな意味からも欲は内に留め、己を律することの意味があるのだろうと思いました。

欲に左右される人生ではなく、我欲は内に留め、
大欲、公欲に転化させ、世のため人のためのエネルギーとして使っていきたいと思います。

言志四録(1) 言志録 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です