殷の湯王に学ぶ 変わらないための努力・日々改める意識

最近、朝の早起きというのが少し緩んできている日があります。

気持ちの緩みが小さなミスに留まらず、大きな失敗へ繋がるということを身体が覚えたのか、とても怖く思っています。

改めて、朝どう起きるべきか考えていると、ふと、変わらないための努力というのは、こういうことを言うのかなと思いました。

早起きなど、非常に些細で恥ずかしい話題ではありますが、企業が売上を維持するために、努力し続ける原理と同じなのかなと思いました。

甚だレベルの低いところでの努力ですが、程度の低い努力が次々と当たり前の習慣になっていくよう日々意識し直したいと思いました。

殷王朝を樹立した湯王は、洗面器に『苟日新、日日新、又日新
「苟(=誠)に日に新たに、日日に新たに、また日に新たなり」の九文字を刻印し、毎朝、洗面するたびにその九文字を心に刻み、政に臨む覚悟を新たにしたと四書「大学」にありました。

良習慣を身に付け、さらに日々新たにできるよう、心掛けていきたいと思います。


大学・中庸 金谷 治

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメント

  1. Dapanda246 より:

    あやかりたい!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です