幸せは我が内にある

致知8月号の巻頭の言葉は「幸せは我が内にある」でした。

明珠在掌”…めいじゅたなごころにあり

という禅語は、大切なものは手のひらのように近くにある。
ということを説いているそうです。

空海も、「般若心経秘鍵」の冒頭において、

それ仏法遥かにあらず。
心中にして即ち近し、真如外(ほか)にあらず。
身を捨てて何かに求めん。

と記していると書かれています。

(訳)真理は自分の外にあるものではない。
自分の一番身近なところ、内にあるものであり、
それを外に求める必要はない。

そして、道元もこのように詠みました。

極楽は眉毛の上のつるしもの あまり近さに見つけざりけり

偉大なる先人達は、幸せや大切なものは、
皆自分の中にあるのだと教えてくれています。

今目の前にある生活をよくよく味わい、咀嚼して、
この生活の中に大切なものがあることを意識し、
外へ目を向けるのではなく、一歩一歩前進しなければと改めて気付かされました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です