佐藤一斎に学ぶ 酒三則(酒には注意しろ)

54、酒三則 その一

佐藤一斎酒は穀気の精なり。微(すこ)しく飲めば以て生を養う可し。
過飲して狂酗(きょうく)に至るは、是れ薬に因って病を発するなり。
人参、附子(ぶす)、巴豆(はず)、大黄(だいおう)の類の如きも、
多く之を服すれば、必ず瞑眩(めんけん)を致す。
酒を飲んで発狂するも亦猶お此(か)くのごとし。

酒は穀物の気の精である。これを少し飲めば養生によい。
飲み過ぎると、気違い沙汰を呈するようになるのは、薬によって発病するようなものだ。
人参、附子、巴豆、大黄の類も、多く服用すると、必ずめまいを生ずる。
酒を飲んで発狂するのもこのたぐいである。

55、酒三則 その二

佐藤一斎酒の用には二つあり。
鬼神は気有りて形無し。故に気の精なるものを以て之を聚(あつ)む。
老人は気衰う。故に亦気の精なる者を以て之を養う。
少壮気盛なる人の若(ごと)きは、秖(まさ)に以て病を致すに足るのみ。

酒の用い方には二つある。
一つは神は気があって形体のないものであるから、酒を供えてお招きする。
二つは老人は元気が衰えるから、酒によって元気を養うがよい。
元気盛んな若者は、酒を飲むと病気を引き起こすだけだから飲まないがよい。

56、酒三則 その三

佐藤一斎勤の反を惰と為し、倹の反を奢(しゃ)と為す。
余思うに、酒能く人をして惰を生ぜしめ、又人をして奢を長ぜしむ。
勤倹以て家を興す可(べ)ければ、則(すなわ)ち惰奢以て家を亡すに足る。
蓋(けだ)し酒之れが媒(なかだち)を為すなり。

勤勉の反対が怠惰であり、倹約の反対が奢侈(贅沢)である。
私は思うに、酒は、人を怠惰にし、またおごりの心を長ぜしめるものであると。
勤勉、節約が家運を興こさせることができ、怠惰、贅沢は家を亡ぼすもとである。
後者の場合、酒がこの仲介をするものである。

佐藤一斎先生も、お酒には十分注意するように説いています。
これは、二宮尊徳先生も、よくよく言っていたことでした。
身を興した先人らは、これらをよく守っていました。

何事もなく(!?)、お酒を楽しんでいるときには、全く縁のなかった教えですが、
今では、身に沁みる言葉です。
お酒ではしゃいでいるときには、この言葉に出会うことはありませんでした。
或は、出会っていてもスルーしていたのか…

どちらにせよ、精気盛んな若者にはお酒は不要だということが、今ではよくわかります。
ただ、若者であろうが、老人であろうが、精気を養う必要がある人には薬となります。

分別をわきまえている人に、このような忠告は不要であると思いますが、
自分のように、度が過ぎることがよくある人間は、重々注意をしたほうがよいぞ。
と、先人達は教えてくれています。

勤倹が身を家を興し、奢侈が身を家を破滅させるものだと改めて注意したいと思いました。


言志四録(1) 言志録 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です