佐藤一斎に学ぶ 自分に厳しく、人に優しく

30、自に厳、他に寛

佐藤一斎自ら責むること厳なる者は、人を責むることも亦厳なり。
人を恕すること寛なる者は、自ら恕することも亦寛なり。
皆一偏たるを免れず。
君子は則ち躬(み)自ら厚つうして、薄く人を責める。

自分に厳しい人は、人にも厳しく。
他人に寛容な人は、自分にも寛容である。
皆、どちらかに偏っていることを免れない。
君子は、自分に厳しく、他人に寛容である。

このように一斎先生は説いています。

まったく、この通りに自分は偏ってしまっています。
自分に厳しいときは、人にもつい厳しくなりがちです。
他人に寛容なときは、自分にも寛容(甘え)になります。
こうではいけないとわかっていても、出来ていない現実。
自分にガッカリさせられます。

論語にも「子曰く、躬自ら厚うして、薄く人を責むれば、則ち怨みに遠ざかるなり」ともあります。

「自に厳、他に寛」というようにありたいと思います。


言志四録(1) 言志録 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です