佐藤一斎に学ぶ 面と背と胸と腹を鍛えること

19、面と背と胸と腹

佐藤一斎面は冷ならんことを欲し、背は暖ならんことを欲し、
胸は虚ならんことを欲し、腹は実ならんことを欲す。

頭が冷静ならば、正しい判断ができる。
背中が暖かいならば、熱烈、人を動かすことができる。
虚心坦懐にして、我見がなければ、他人を容れることができる。
腹が充実していれいば、胆力が据わってものに動じない。

私もこのようにありたいと思います。

熟慮することを欠きやすい性格でありますので、
何か事を行う際には、よくよく考えなければなりません。

人は誰に付いていくかと言ったら、やはり先頭に立っている人にです。
後ろにいる人には、付いていこうと思っても、付いていけないものです。
人の前に立つということは、背中しか見えないということです。
少ないながらも、今、自分が背負っているものを大切にする。
そういう人間でいたいと思います。

背中を見て人が付いてくるとするならば、人が飛び込むのは胸です。
心にわだかまりがなく、おおらかでさっぱりとしている。
自分だけの狭く偏った見方をせず、他人を受け容れることができる。
そんな器を持ちたいと思います。

最後には、事を為すこと、生きることへの覚悟として、
腹を据え、胆力を練りに練る必要があります。
もっとも足りていないものだと自覚しています。

知識や経験を腹に落とし胆識とし、生き方を腹に決め、
動じることのない人間に成長したいと改めて感じました。


言志四録(1) 言志録 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です