佐藤一斎に学ぶ 自分は既に天のもの

10、自ら省察すべし

佐藤一斎人は須(すべか)らく自ら省察すべし。
「天何の故にか我が身を生出し、我をして果して何の用にか供せしむる。我れ既に天の物なれば、必ず天の役あり。天の役共せずんば、天の咎必ず至らむ。」
省察して此(ここ)に至れば則ち我が身の荀(いやし)くも生く可(べ)からざるを知らむ。

「天はなぜ自分をこの世に生み出したのか。
何の用をさせようとするのか。
自分は天(神)の物であるから、必ず天命がある。
この天命(使命)を果さなければ、天罰をうける」

ここまで反省、考察してくると、自分はただうかうかとこの世に生きているだけではすまされないことがわかる。

と、一斎先生は述べています。

君子、一日生きれば一日世に利あり(加藤咄堂)
一日世に在れば、一日為すあり(吉田松陰)

漫然と日々過ごすことの恐ろしさを改めて感じます。

自分は自分のものではない。

どうしても、自分を自分のものと思ってしまっている自分がいますが、
自分を自分のものと思っているかぎり、「自分が。自分が。」という「」が出て、
自然と「我がまま」になってしまいます。
※「自分」という単語が連続して読みづらいですね…(苦笑)

自分は天のものであり、
「世のため、人のために尽くす」ゆえに生かされていることを知り、
日々、ダラダラと過ごすことのないよう、精進していきたいと思いました。


言志四録(1) 言志録 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です