人の窮乏を助く ― 我が事よりも人事を。

人の窮乏を助く ― 我が事よりも人事を。

余幼少より敢えて招飲に赴かず。 索綯作籃(さくとうさくらん)を以って人の窮乏を助くるを楽しみと為す。 爾来孜孜(しし)として事に斯(これ...

記事を読む

一気呵成 ― 集中力と精神力

一気呵成 ― 集中力と精神力

モノを作るときというのは「勢い」が大事だなと思います。 全体が10だとすると、最初に1やって、しばらくして3やって、またしばらしくして2や...

記事を読む

足るを知る者は富者

足るを知る者は富者

それ世の中汝等が如き富者にして、皆足る事を知らず。飽くまで利を貪り、不足を唱ふるは、大人のこの湯船の中に立ちて、屈まずして、湯を肩にかけて、...

記事を読む

積小為大(せきしょういだい) ― 平凡な事を非凡に勤める。

積小為大(せきしょういだい) ― 平凡な事を非凡に勤める。

大事をなさんと欲せば、小さなる事を、怠らず勤むべし。小積もりて大となればなり。凡そ小人の常、大なる事を欲して、小なる事を怠り、出来難き事を憂...

記事を読む

人生これ儲け物 ― 1日活きれば即ち、1日の儲け、1年活きれば1年の益なり

人生これ儲け物 ― 1日活きれば即ち、1日の儲け、1年活きれば1年の益なり

先日、九段下に用事があり、帰りに靖国神社へ参拝しました。靖国神社には幕末・明治維新以降の戦争で、天皇・朝廷・政府側の立場で命を捧げた...

記事を読む

老木の美 ― 長い年月をかけて「甘さ」をそぎ落としてきた姿

老木の美 ― 長い年月をかけて「甘さ」をそぎ落としてきた姿

どうもお互い人間というものは、自分の姿が一番見えないものであります。 したがって私達の学問修養の眼目も、畢竟するに、この知りにくい自己を知...

記事を読む

人生の深さ ― 悩みや苦しみの意味を深く噛み締めること

人生の深さ ― 悩みや苦しみの意味を深く噛み締めること

人の寿命というのは大体決まっていて、直線的に考えれば誰しもがほぼ70~80歳で天寿を全うすることになります。早死にする人もいれば、100歳を...

記事を読む

「人間の長所と短所」長所を伸ばす場合と短所を補う場合について。

「人間の長所と短所」長所を伸ばす場合と短所を補う場合について。

よく、山(長所)と谷(短所)のギャップのある人ほどその落差が魅力を引き出すという話を聞きます。 うんうん確かに。自分にも長所と短所の落...

記事を読む

NO IMAGE

トーマス・エジソン ― 人の役に立つものでなければ発明ではない

「発明」と言ったら「エジソン」が一番に浮かびます。 1847年に生まれたエジソンは、今尚現代の産業に大きな貢献を果たしています。 一説によ...

記事を読む

自分のお目出たさ ― 現実の世界は決してお目出たくはない

自分のお目出たさ ― 現実の世界は決してお目出たくはない

森信三先生曰く「われわれは苦労することによって、自分の『お目出たさ』を削りとってもらうんです。現実の世界は決してお目出たくはないのです。」 ...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)